何度もくじけて、でも這い上がる

私の人生で数多く交際を経験し失恋がありましたが、そのどれもが大きな糧となっています。
失恋してすぐというのは、涙もいっぱい流しますし、自分ではなく、相手を責めてしまうこともよくありました。
でも、今まで、ほんの今まで大事な存在であった恋人を、失恋したと同時に目の敵にするなんて、なんだか心が狭いような気がしてなりません。
『失恋をするという事には、何か理由があったはず』と考えることで、少しでも前向きになれた私は、恋人との出会いから別れまでを床に寝そべって考えました。
そうすると、今までは、『別れた』、『恋人がいなくなった』という事が頭の大部分を占めていたのですが、急に懐かしい思い出に胸が熱くなりました。
初めて恋人に会った時のこと、恋人になった日のことなど、今でも鮮明に思い出されます。
最初から恋人に甘えすぎてはいなかったかな、ちょっとワガママだったかな、など様々な事を考えると、自分自身が嫌になって仕方なくなりました。
でも、そのうちに、恋人と過ごすことができなければ感じる事ができなかった、誰かと過ごす楽しさ、人を愛する美しさ、辛さを知れたのは、恋愛をしたからだと気がつきます。

交際クラブ

土浦 風俗

ビッグデザイア九州 デリヘル